タグ:ゲームSEGA防衛TDRTS日本星4

【レビュー】源平大戦絵巻|セガ 初となる本格時代絵巻防衛ゲーム iPhone/iPad

ap_s5ya_star4.gif
genjititle.jpg

今回は平安末期を舞台にした純和風防衛系ゲーム 源平大戦絵巻 ~白の波濤、紅の雲霞~ を紹介します。開発元は日本を代表するゲーム会社のSEGAさん。ユニバーサルアプリでGameCenterにも対応しています。

【更新履歴】
2011.7.8 バージョンアップにより早送りモード等が実装されたため、評価を星3つから4つに変更しました。

ゲームSEGA防衛TDRTS日本星4



セガのゲームに対するまじめな姿勢が見える良作



セガ初となる防衛ゲームということで早速プレイしてみました。舞台は平安末期。プレイヤーは平家の指揮官となり、迫りくる源氏の軍勢を迎え撃つ。内容は防衛ゲームだがPlants vs ZombiesやDofus同様に敵の出現地点に合わせてユニットを配置していくもので状況判断が重要になる内容ですね。
まず驚かされるのがBGMには琵琶演奏を採用し、さらには戦国絵巻をモチーフにした味のあるグラフィック。これら二つが見事に平安末期という難しい時代を再現しています。こういうところが、セガっぽくて好きです。ゲームの内容うんぬん以前にiOSゲームという、いわばお手軽ゲームという舞台にでさえ本気でゲームをつくってくる。なんだかセガのゲーム制作に対するまじめな姿勢が伝わってきますね。(THIS IS JAPANとアピールしていますが私にはどうしても、これが日本人の作る本物のゲームだ!!と言っているように思えます)
そんなまじめなセガが送る本物のiOSゲーム、それが源平大戦絵巻だと私は感じました。ではスクリーンショットを使って見ていきましょう。
IMG_4158.png
アプリ起動画面。平安末期の設定であるため純和風グラフィック。
BGMも本格的で完成度の非常に高い作品に仕上がっている。

IMG_4159.png
初心者にも易しい日本語でのチュートリアルはとっつきやすい印象。
しかしゲーマーにすればチュートリアルのテンポの悪さがストレスに感じるかも。
モードは一人で遊べるキャンペーンモードと、二人で遊ぶ対戦モードがある。対戦モードはBlue Toothによるローカル通信のみでオンライン上にて競うことはできない。

IMG_4161.png
対戦に使うBlue Toothはアプリ内で有効にしてくれる。ただしアプリ終了後もBlue ToothはONになっているため、そのままにすると電池の減りが早くなるので注意が必要。

IMG_4162.png
キャンペーンモードは用意された日本地図上のステージをクリアしていく。それぞれのステージは5段階の難易度が設定されている。

IMG_4163.png
出陣前にステージで使うユニットをデッキに選択する。源平大戦絵巻ではユニットがカードとして扱われている。このシステムはハドソンが開発した人気防衛ゲームのエレメンタルモンスターTDに通じる物がある。

IMG_4166.png
戦闘画面。マス目にユニットを配置しやって来る敵を迎撃する。
扱えるユニットはステージ前にセットしたデッキに登録したカード種類と枚数のみ。この制限が他の防衛ゲームとは異なり、お金を消費すれば無限にユニットを召喚出来るわけではない。ユニットはフィールド内を自由に移動することが可能で、この移動によってプレイヤーは自由に戦局をコントロールすることが出来る。

IMG_4165.png
画面の下部にユニットカードが並んでいるが、このカードは自動的に蓄積されていくを使って補充する。銭が溜まった状態で兵士徴用をすると松竹梅の3種類グレードを選ぶ。梅はユニットカードを1枚補充、竹は2枚、松なら3枚補充できる。

IMG_4167.png
ステージクリア後はカードを1枚取得することができる。好きなものを選ぼう。
中身は裏返すまでのお楽しみ。

IMG_4168.png
今回は騎兵を入手した。
このように新しいユニットカードを入手したり、数を増やして自分のデッキを強化していく。
完成したデッキを使って対人戦を楽しむことがゲームの醍醐味になりそうだ。


まとめ

 グラフィックやBGMは世界観を見事に再現しており、まるで本物の戦国絵巻の中で源平合戦を見ているよう。アプリとしてはとても丁寧に作られていてセガのまじめなゲーム作りが伺える。アップデートによって以前より要望として多かった高速モードにも対応、さらに実装された慣性スクロールは地味ながら素晴らしいの一言。これはすべてのRTSゲームが見習うべき素晴らしいアイディア。

 醍醐味である対戦モードはネットワークオンライン対戦に未対応。セガにはがんばってもらいたい。ユニットが重複したときのライフゲージが見づらい。

価格についてはゲームの品質を考えれば1200円は妥当どころか安いと思う。でも自分が1200円で買うかと言うとちょっと微妙。高く見ても600円が妥当なラインではないでしょうか。これは世界最高峰の防衛ゲームであるPlants vs Zombiesの価格が参考になると思うので。ただ個人的にはセガさんのこういうパイオニアであり続ける姿勢は好き。

源平大戦絵巻をiTunes Storeでダウンロード
  • 価格:1200円

  • iPhone/iPad対応のユニバーサルアプリ

  • カテゴリ:ゲーム

  • サイズ : 111MB

  • 言語:日本語、英語、中国語、その他

  • 条件: iPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代) および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要


追記 苦し過ぎる序盤を乗り切るコツ

序盤は歩兵と騎兵のみでの攻略となるため非常に苦しい状況が続きます。ある程度カード種類が揃うと面白くなってくるのですが....それは遥か先のこと。そうなる前に心が折れる人もいるやもしれません。
ポイントになるのはユニットの強化。同じ場所に同じユニットを設置することでユニットを強化することができますが、これはユニット強化だけではなくユニットのライフ回復にも役立っています。
カードの無駄遣いを防ぐためにもユニットの強化はライフ回復を目的としておこなっていくべきです。こうすることで戦闘中に消耗するHPを回復しながらウェーブ10までを乗り切ることができます。
ウェーブ1や2の前半で無駄にユニットを強化してしまうと後半でカード切れが起こりえます。ユニットのライフが減ったら強化で回復させると考えるのが良いでしょう。

*アプリ価格・仕様は記事作成時(2011/07/09)のものです。最新情報はiTunesストアにてご確認下さい。

カテゴリ:戦略、RTS、TD

タグ:ゲームSEGA防衛TDRTS日本星4

関連記事:
SHARE:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
COMMENT:

コメントはお気軽に!あなたのアプリレビュー、相談、プチ情報、なんでもOK

 






非公開コメント

ブログパーツ