タグ:iPhoneandroidアンドロイドベライゾンVerizonAT&T

2011年、米国にてiPhoneの反撃が始まる予感がします

android-beats-iphone.jpg

本丸アメリカの今後のiPhoneマーケットシェアを大きく左右する面白い調査結果が報じられています。


More than half of Verizon customers would buy iPhone
ベライゾンユーザーの半数以上がiPhoneを買う

iPhoneandroidアンドロイドベライゾンVerizonAT&T



PC Worldでベライゾンユーザーの半数以上がiPhoneを買うとの調査結果を伝えています。

アメリカでは以前からAT&T社の山間部や地方での通話品質の悪さが問題となっており、(あれどこかで聞いたお話ですね?孫さん。)これが理由でAT&TのiPhoneを持たないというユーザーが多い!
そのため通話品質の優れたVerizonのブラックベリーやアンドロイド端末を選ぶといった消費者が非常に多かった!
しかしその実は既存のベライゾンユーザーの53%は、VerizonからiPhoneが登場したらiPhoneを買うとコメントしているそうです。
ベライゾンの米国ユーザーはおよそ7000万人以上と言われていますから、3500万人の人はiPhoneを持ちたくても回線を理由に見送っていると言えるのかもしれませんね。(AT&Tは8000万人近くで若干上回る)


ここで危ないのはアンドロイドではなくて、AT&Tなんです。
なぜなら非常に多くのiPhoneユーザーがAT&Tを嫌っているから。23%のAT&TユーザーはVerizon iPhoneがリリースされたら、Verizonに乗り換えると答えていることも分かっています。
またAT&Tのサポートの悪さも評判で、iPhoneユーザーが今一番嫌いなキャリアとしても有名になりつつあります。


CDMA iPhoneは2011年の上旬??なんて情報もありますし、さらにiPhone 4白もクリスマスシーズンを狙っているとの情報もあります。もしかすると2011年新年直後から本丸アメリカでiPhoneの大規模な反撃が始まるかもしれませんね~。


SoftBankさんは最近発覚しちゃった山間部での電波受信の弱さ問題、対応しないとヤバそうですね。





機動戦士ガンダム-逆襲のシャア-

*アプリ価格・仕様は記事作成時(2010/08/17)のものです。最新情報はiTunesストアにてご確認下さい。

カテゴリ:iPod/iPhone/iPad

タグ:iPhoneandroidアンドロイドベライゾンVerizonAT&T

関連記事:
SHARE:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
COMMENT:

コメントはお気軽に!あなたのアプリレビュー、相談、プチ情報、なんでもOK

 






非公開コメント

ブログパーツ