タグ:AteamヴァルコネRPG育成強化収集ソーシャル無料

「ヴァルキリーコネクト」の魅力を淡々と紹介する

ヴァルキリーコネクトヴァルキリーコネクトitunes store
開発:Ateam Inc.
価格:無料 配信日:2016/06/09

AteamヴァルコネRPG育成強化収集ソーシャル無料



キャラクター育成が楽しい、アリーナ対人戦が楽しい

最近ヴァルキリーコネクトにはまっています。
と言っても暇なときにスタミナ消費する程度なもんで、装備やらキャタクターのレベル上げに勤しんでいます。
チマチマと遊びたいわたしにはピッタリな内容でした。

ちな、今のアリーナPT編成はこんな具合。
ファイル 2016-06-20 21 48 00
前衛にヘイムダル、ロキ、後衛にヘル、カノン、モミジの編成。今はこれが一番安定している。まぁ負けるけど。
控えにヴォルフガング、ヴェルファー、イズンも育成中。
まぁ現状は新キャラクターも増えない状況が続き、課金システムも未実装なので、パーティー編成自体はだいたいみんな同じ。ヘイムダル率は8割超えてるんじゃないかってぐらいの使われっぷり。
このような状況なのでアリーナ戦で重要になるのは、装備品。装備でステータスを上げることが現状の常套手段。
まぁあとは編成によって奥深い何かがあるのだと思うけど、わたしはよくわかってない。
とりあえずアリーナ5000位ぐらいをフラフラしている。
さて、そんなヴァルコネ。わたしがはまっている理由をいくつか書いていく。

キャラが魅力的

キャラクターが個性的で、またそれぞれにキャラクタークエストがあるため、感情移入しやすい。
すべてのキャラが星5クラスまで成長するため、好きなキャラを好きなだけ成長させられる。
育て方も進化、レベル、オーブ、装備の4方向から育てられるため、飽きづらい。反面、なかなか育たない。
個人的に好きなのはヘルとカノン。
ファイル 2016-06-20 22 00 19ファイル 2016-06-20 22 00 03

ギルドシステムで手軽にソーシャル感を楽しめる

ギルドに加入して遊べば、ギルドEXPを稼ぎながらプレイできる。
ギルドレベルが上がると・・・何かいいことがあるのかもしれない。
ギルドは最大20人。その中でギルドEXPランキング、戦力ランキングなどで競い合える。
そのうち攻城戦みたいなのができるのだろうか。
ギルド専用チャットもある。シャイなわたしは参加したことはない。

手軽に遊べるコネクトバトル

いわゆるレイドバトルとか、共闘バトルというものが手軽に楽しめる。
画面左下に出てくるコネクトバトルアイコンをタッチすれば、その先頭に乱入できる。
バトルが終わっていたり、定員(3名)に達していると入れないが、最近は結構な確率で参加できるようになっている。
バトルは基本オートだけど、5キャラクタx3人の総勢15キャラクターが、大型モンスターと戦う様は、なかなかに爽快。
コネクトバトルは参加するだけでも報酬がもらえるため、ひたすら参加してポイント稼ぐこともできる。

(現状は)無課金で遊べる

正確には課金システムが実装されていない。そのため無課金で遊ぶしかない。
だからマイペースでのんびり遊べる。
課金解放されたら、一気に荒れそうな予感はしている。だがのんびり遊んでいきたい。

方向性でいうと、セブンナイツなどと同じカテゴリに入ると思う。育成が楽しいソシャゲだ。
ただセブンナイツのほうが攻城戦など充実しており、育成に熱が入る。ヴァルコネはまだちょっと物足りない。
もう少し、育成を楽しめるシステムを増えることに期待したい。素材はとてもいい。

まぁユーザーが飽きるのが早いか、開発が大型アップデートするのが早いか。現在はそんな状況だ。
わたしは今の所楽しく遊べている。おすすめです。

ちな、わたしのIDはこれ 「814719026」
ソーマという名前で遊んでます。ゴッドイーターをプレイしていたので。よろしく!

ダウンロード(iTunesが起動します)
ヴァルキリーコネクトヴァルキリーコネクトitunes store(開発:Ateam Inc.)
価格:無料 配信日:2016/06/09
アプリサイズ:88.3 MB
通算平均評価:starstarstarhalfstar(3.5/819件)

*アプリ価格・仕様は記事作成時(2016/06/20)のものです。最新情報はiTunesストアにてご確認下さい。

カテゴリ:ヴァルコネ

タグ:AteamヴァルコネRPG育成強化収集ソーシャル無料

関連記事:
SHARE:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
COMMENT:

コメントはお気軽に!あなたのアプリレビュー、相談、プチ情報、なんでもOK

 






非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2016/06/30 21:37 |

ブログパーツ