タグ:MacMacbookSSD

私のMacbook Pro (Early2011)がSSD換装で爆速になったよというお話

macbookpro2011e.jpg
やばいSSD、すげえ。

MacMacbookSSD



SSDでMacbook Proが超速くなった

速いぞ速いぞ、という噂は耳にしていたけど、ここまで違いを体感できるのかSSD。あまりに衝撃的だったのでこうして記事にしています。
何より内蔵ハードディスクの回転音がない!これが一番大きい。超静か。
私はなぜか自力で換装できた(理系の血が騒ぐ)のですが、こちらのサイト様が参考になりそうです。
MacBook Pro (15-inch, Early 2011)を16GBメモリ+SSD化
http://www.softantenna.com/wp/mac/macbookpro-5/


用意するもの


▲私が用意したのはSSDとドライバーセットと外付けHDDの3点。作業中ケーブルはあったほうが絶対いいと思ったので、上記4点あれば十分。作業自体は超簡単なのでね。

SSD
値段重視で128GBを選びました。OSとアプリがちょっと入ればいいやーって感覚です。ADATA(台湾)のものを選びましたが、ちゃんと使えていますよ。
SS 2014-01-04

外付けHDD
128GBと容量小さいので写真とかのデータ保存用に外付けHDDを購入しました。今は1TBでもこの値段で買えちゃうのね、すごいわ。

精密ドライバーセット
正直ゴミでした。安物買いの銭失いとはまさにこれ。エクステンション付きなのは良いことですが、グリップの把持力が弱いらしくちょっとタイトなねじが相手だとビットが中に潜り込みます。結局グリップは使わずエクステンションのみで作業しました。まぁ使い捨てと思えば悪くはないけど、長く使うならもっと良いものを選んだ方がいいです。

嘘だろ!?起動時にビープ音が出る

順調に内蔵HDDをSSDに交換作業したのですが、いざ起動してみるとビープ音が3回なるばかりで起動してくれない。CDからOS立ち上がらないという現象。
このとき思う。最初にSSDをフォーマットしてOSインストールしておけば良かった。そう嘆いても後の祭り。ケーブルなんて用意していない。ここは強攻策に出るほかないだろう!
真似しないでください!
1. まず32GBのSDカードを用意します(デジイチから借用)
2. SDカードにOSをインストールします
3. SDカードを起動ディスクに設定します
4. 内蔵SSDを接続します
5. 起動後、内蔵SSDをフォーマット&OSインストールします
6. 内蔵SSDを起動ディスクにします
これでいけました。なぜかSSDをつなげた状態でCDからはOS起動しなかったけど、SDカードからはいけました。
繰り返しになりますが、ちゃんとケーブル買って、最初にフォーマットとOSインストールをしたほうがいいですよ。

このSSD換装作業によってとにかくすべてが早くなりました。そう、驚くほどにね。
OS起動も速いし、アプリ起動も速いし。今のところ悪いところは見当たりませんね。はい。
作業は自己責任となってしまいますのでオススメすることはできませんが、興味のある方は是非トライしてみてください。

ついでにこの辺もやっておくと気分が良い。
▶︎Mac OSX Mavericksで起動時の「ジャーン」の音を消す方法(リンゴノコト)

*アプリ価格・仕様は記事作成時(2014/01/04)のものです。最新情報はiTunesストアにてご確認下さい。

カテゴリ:Mac

タグ:MacMacbookSSD

関連記事:
SHARE:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
COMMENT:

コメントはお気軽に!あなたのアプリレビュー、相談、プチ情報、なんでもOK

 






非公開コメント

ブログパーツ