タグ:レビュー星5カジュアルユニバーサルiPhoneiPad8ビットレトロ

クネクネ曲がってチマチマ楽しむ!Tiny Towerの開発陣が作りました「Nimble Quest」 iPhone/iPad

Nimble Questap_s5ya_star5.gif
Nimble Quest (開発:NimbleBit)
価格:85円 iPhone/iPod Touch/iPad対応ユニバーサルアプリ
TinyTowerのNimbleBitが作るヘビゲーム。

レビュー星5カジュアルユニバーサルiPhoneiPad8ビットレトロ



Nimble Questってどんなアプリ?

「Nimble Quest」は2013年3月28日にNimbleBit(アメリカ、カリフォルニア州)からリリースされたへビゲームRPGアプリです。
価格は85円、iPhone/iPod Touch/iPad対応のユニバーサルアプリ、iPhone5にも最適化済み。

そもそもヘビゲーム(スネークゲーム)とは、伸長するヘビを操作してエサを食べ続けるゲーム。
iOSゲームだと、Hard Linesなんかがヘビゲームとして有名。

Source:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/53/Cgasnake.gif

そのヘビゲームにRPG要素を加えて完成したのが今回紹介するNimble Questです。
しかも開発はあのTiny Towerで有名なNimbleBit。相変わらず抜群のドットキャラクターセンスです。
カジュアルゲームなので動画を見れば「あぁこういうゲームなのね」とすぐ理解できると思います。


Nimble Questの遊び方

操作方法はシンプルで片手で縦画面で遊べます。
通勤電車のお供にピッタリのゲームです。
自動で突き進むキャラクターをスワイプ操作で方向転換(90度刻み)させながら、壁や障害物に当たらないように敵を倒していきます。もちろん敵に当たってもゲームオーバー。なかなか難しい。
攻撃は自動でおこなわれ、キャラクターによって剣や槍や魔法で射程内の敵を攻撃します。
NimbleQuest001.pngNimbleQuest002.png

敵を倒すとアイテムをドロップします。
HEROと書かれたキャラクターを取ると、仲間になりヘビが1キャラクター分ずつ伸びていきます。
当然味方が増えるほど敵を倒しやすくなるのですが、その分操作も難しくなっていきます。
この矛盾がゲームを盛り上げるのでしょうね。後半ほど熱いプレイが楽しめます。
他にもキャラクター育成に必要なGemsや短時間のみ効果を発揮するアイテム類(ライフ回復やシールドなど)が登場します。この辺はどうもTempleRunの影響を色濃く受けている気がします。
NimbleQuest003.pngNimbleQuest004.png

キャラクターやアイテム育成があり、ここがRPGとなっています。装備やスキルはないです。
この育成が時間がかかる!ちまちまとひたすらGEMを稼いで育てるしかない。あるいは課金。
このあたりのチマチマ感もTemple Runに似ていますねー。
ちなみに私の攻略パーティーはBonesメイン。Bonesは説明にもある通り、防御はヘタレですが攻撃が強い。
なので中盤まではBonesゴリ押しで進められます。近接攻撃キャラクターのほうが扱いやすいですし。
NimbleQuest006.pngNimbleQuest007.png

全体的にはチマチマ遊ぶ感じの遊びやすいカジュアルゲームです。
TempleRunのチマチマ感が好きな人ならハマれる。
ただTemple Runが無料なことを考慮すると、Nimble Questも無料で良かったんじゃないかなぁという気持ちはありますが、85円ならまぁいいか。おそらくセール無料はあるでしょう。
でもGameCenterのアチーブメント対応は欲しかったです。
個人的にはチマチマゲーム大好物なので星5評価です。

ダウンロード(iTunesが起動します)
Nimble QuestNimble Quest(価格:85円)
iPhone/iPod Touch/iPad対応ユニバーサルアプリ

*アプリ価格・仕様は記事作成時(2013/04/28)のものです。最新情報はiTunesストアにてご確認下さい。

カテゴリ:カジュアルゲーム

タグ:レビュー星5カジュアルユニバーサルiPhoneiPad8ビットレトロ

関連記事:
SHARE:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
COMMENT:

コメントはお気軽に!あなたのアプリレビュー、相談、プチ情報、なんでもOK

 






非公開コメント

ブログパーツ